名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

BLOG

情報ブログ

情報ブログ一覧

  • オフィスを退去するときどうすればいいの?

    オフィスを退去する時には、オーナーに退去予告を出すことをまず最初にやらなくてはなりません。 オフィスの移転なら、先に次のオフィスの契約をすませておきましょう。 賃貸オフィスの場合、3ヶ月~6ヶ月の退去予告期間が設定されて […]

  • 借主と貸主、どっちが負担? 床編

    マンションなどの賃貸借物件に住む上では、賃貸借契約を締結することとなりますが、借主が賃貸借契約を解除して明け渡す場合には借主の原状回復が必要となります。 大抵は明け渡しをする時に、貸主の立ち会いのもとで、傷やヘコミなどを […]

  • 借主と貸主、どっちが負担? 壁の穴編

    賃貸借契約は貸主の所有する物件を借主に貸して、借主は決められた賃料を支払う契約になります。 賃貸借契約を締結する前には、その契約自体が終了し明け渡しをする場合、借主に原状回復義務が存在するため、敷金を収めるのが一般的です […]

  • 借主と貸主、どっちが負担? タバコ編

    賃貸物件に関しては、原状回復義務が発生する場合がほとんどです。 これは、賃貸物件を元あった状態、つまり原状に回復したうえで貸主に返さなければならない、と言う借主に対して課せられる義務のことです。 よってもし、借りていた部 […]

  • 原状回復費削減する方法

    賃貸物件から退去する時には、借りる前の状態に物件を戻す原状回復を行う必要があります。 この原状回復にかかる費用は思わぬ負担となる可能性があります。少しでもその費用を抑えるための方法はいくつかあります。 原状回復の費用が高 […]

  • 原状回復の義務発生根拠、注意する点

    賃貸借契約が終了した場合には、賃借人に原状回復義務が発生します。 原状回復義務とは、賃借人が設置したものを収去する義務のことです。 賃借人は賃貸人に対し善良な管理者の注意義務を負っています。 善良な管理者の注意義務は、一 […]

  • 原状回復特約が認められる条件

    賃貸借契約において借主の原状回復義務を契約の中に盛り込むことを原状回復特約といいます。 この特約が付されると通常の使用による損耗も含めて借主は賃貸借契約終了時に賃貸物件を元通りにする義務を負います。 とはいえ賃貸人が恣意 […]

  • 原状回復において注意しておくべきポイント

    賃貸物件の退去時にしっかりと考えておかなければいけないのが、原状回復です。 これは退去時に、物件を借りたときと同じ状態に戻すというものです。 戻し方によっては、トラブルの原因となってしまう事もある為、参考資料のチェックや […]

  • 敷金返還交渉のポイント

    敷金とは賃貸物件に住む時に大体家賃の1ヶ月から3か月分くらいを払うお金の事で、その物件を明け渡す時に返還される物です。 法律では賃貸物件の家主や家賃の滞納リスクや破損等のリスクに対して補てんする為に事前に預かるお金となっ […]

  • 原状回復を巡るトラブルを未然に防ぐ方法

    賃貸住宅におけるトラブルには様々なものがあります。 住民同士による騒音やゴミ出しのマナーによるトラブルなど集団生活には良くあることです。 他人をおもんぱかることでこのようなトラブルが大きな事件に発展することは防ぐことは出 […]

Page 34 of 36« First...1020...3233343536