原状回復業者の3種類のサービス

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復業者の3種類のサービス

記事 原状回復業者の3種類のサービスのアイキャッチ画像

「原状回復業者ってどんな作業をしてくれるの?」
今回は原状回復業者の3種類のサービスをご説明します。

■原状回復とは

原状回復とは、「テナントや建物を契約した時と同じ状態に戻す」ことです。
契約書に、「契約前にしていた床の塗装がはげていたら、元の状態まで塗装し直す」ことなど具体的な項目が記載されていればいいのですが、記載されていない場合「どこまで原状回復すればいいのか」と大家ともめる原因にもなるので、「原状回復」については契約時にしっかり確認しておくこと・写真を撮っておくことが重要です。
一言に原状回復といっても、以下の3種類の行程があります。

■1.内装解体工事

不必要な造作物を解体することです。
前の店舗の機材や内装を引き継いだ「居抜き物件」の場合、引き継いだ後に付け加えた造作物を解体します。
例えば、「テーブルが少なかったので新しく増設した」場合はそのテーブルを取り除く必要があります。

■2.スケルトン仕上げ

スケルトン仕上げとは、建物の基本構造である床・壁・天井だけを残し、それらが入居時の状態になるように行う工事です。
テナントの契約によって「スケルトン仕上げ」は不必要な場合もあります。

■3.廃棄物処理

解体作業では、多くのゴミ(廃棄物)が発生します。
飲食店であれば、お皿やテーブルなどの残置物を処理しますし、壁を壊す時には木材や断熱材などのゴミが出ます。
これらの大量のゴミの処分は、素人が簡単にできることではありません。
原状回復業者は、廃棄物の処理も行ってくれます。

株式会社モドリーノは、これらの3種類のサービスを行っており、年間300件以上の工事を行っています。
また、飲食店・その他店舗・オフィス・マンション・工場など幅広く対応しております。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください!