原状回復の負担軽減につながる、タバコ煙対策とは

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復の負担軽減につながる、タバコ煙対策とは

記事 原状回復の負担軽減につながる、タバコ煙対策とはのアイキャッチ画像

タバコの煙は原状回復の対象となることが多く、広範囲に及ぶ場合には費用もかさんでしまいます。
できるだけ負担を軽減するためには事前に対策をとっておくことが肝心です。

喫煙者にとっては気にならないことでも、非喫煙者や賃貸管理会社には追求されることはあります。
また、間違った対策によってトラブルをまねくこともありますので、正しい方法で行っていきましょう。

 

タバコを吸うと排出された煙がヤニとなって壁紙を変色させたり、ニオイを染み付かせたりする原因になります。
それを避けるために、屋外に出て吸うことがありますが、近隣の方に迷惑になる可能性が高いです。
住宅街などであれば、排出された煙が洗濯物に流れることがあります。
苦情の原因となるため避けるべきでしょう。

さらに、天候にも左右されますので手軽ながら、対策としては難しいと言えます。
同様に換気扇の下で吸う場合も、排出された煙の行き先には注意が必要です。

 

対策としては煙の少ない電子タバコにしたり、空気清浄機を使ったりする方法が挙げられます。
ただ、煙が少ないからと言って、ヤニやニオイが残らないわけではありません。
頻度によっては、原状回復の際に費用がかかってしまうことがあるのです。

空気清浄機にはタバコの煙を吸ってくれるタイプも存在しますが、同じように全ての煙を吸いきるのは難しいと言えます。
並行して使用すれば、かなりの煙を軽減できますので、対策はひとつに絞らず合わせて行うと良いでしょう。

 

いくら対策を行っていても、タバコを吸っている限りは影響をゼロにすることはできません。
そこで、喫煙する専用の部屋を設けて分煙を行うことが最も効果的です。
影響を受ける範囲を限定できますので、原状回復にかかる負担をできるだけ軽減させることが可能です。

喫煙者がいる以上は、ある程度の壁紙やニオイの影響は想定しておく必要があります。
ただ、最小限に抑えるには分煙を行うことは的確です。

また、見落としがちな点では、入居時に壁紙の変色やニオイなどをチェックしておくことも大切です。
気になる箇所があれば、写真を撮って管理会社に伝えておきましょう。