原状回復にかかる費用の目安となるべく抑える方法

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復にかかる費用の目安となるべく抑える方法

原状回復は、賃借契約が終了した時に賃借人が借りていた部屋を入居時と同じ状態にして戻すことを言います。
以前は、基準があいまいだったため、多額の費用を請求されることも多く、トラブルの元となっていました。
では、原状回復にかかる費用の目安はどのようなものなのでしょうか。
まず、お部屋の状態によって工事内容が違いますので品目ごとに記載しますと、壁紙の張り替えは1㎡あたり800~1,500円程度となり、使用する材質により異なります。
壁紙は壁の広さが基準となりますので、床面積の3.5~4倍で考えておくとよいでしょう。
床材ですが、フローリングは1㎡あたり3,500円超程度、クッションフロアは1㎡あたり2,500円超程度で、材質により価格が異なることと、別途、廃材廃棄処分費や施工費がかかることも頭に置いておく必要があります。
さらに、畳は1帖あたり4,500円程度、襖は表替えが1枚3,000円程度、裏が2,000円程となります。
こちらも、別途、廃材廃棄処分や施工の費用が必要になります。
加えてハウスクリーニングですが、1Rや1Kは20,000円から、1LDKや2DKは30,000円からなどとなっています。
では、原状回復にかかる費用をなるべく抑える方法にはどのようなものがあるでしょうか。
できることは契約前からあります。
国土交通省から「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にも書かれているように、入居時の状態を確認したり、契約内容を確認して借主にとって不利な内容が含まれていないか確かめておくことが大切です。
入居から退去までは、入居時に元々ついているキズや汚れの記録を書面や写真で残しておくことで、退去時の回復対象からはずすことができるでしょう。
さらに汚れが残ったりシミにならないよう、日頃からまめな清掃を心がけましょう。
退去時はもともとあったものはすべて撤去するが大切です。
入居時になかったものがあると処分費を請求されることになります。
また、退去時は立会いをすることで余分な費用を請求されないようにすることもできます。
原状回復を依頼する業者を借主側が選べる場合は、価格が安い業者に依頼するのも手です。