原状回復におけるポイントと知っておきたい内容をご紹介

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復におけるポイントと知っておきたい内容をご紹介

原状回復では、費用を負担するのが借り手か家主かをあらかじめ知っておくのがポイントとなります。
国がその内容についてガイドラインを出していますので、それに従って負担者を決めることが望まれますが、法律というわけではないため、まずは話し合いで決めることが多いようです。
国のガイドラインどおりにする、ということで双方が納得すれば、費用の負担者はすぐ決まります。
いずれかが、国のガイドラインに沿わない主張をして折り合いがつかなかった場合は、少額訴訟で判断を仰ぐという方法もあります。
その訴訟では、国のガイドラインに沿った判決が出ます。
原状回復は、家主側からすればすべて借り手の費用負担でおこなってほしいものではありますが、家賃にその回復費用もある程度含まれているという前提となっていますから、普通に使っていての結果なら、借り手が原状回復費用を負担する必要はありません。
入居者が自らの好みに合わせて内装を大きく変えた場合は、入居者の費用負担で元の内装に戻す必要はあります。
ただし事前に家主に元に戻す必要はないと認められていた場合は、別です。
元に戻さない方が、物件としての価値が高まる可能性がある場合は、そのままにしておくケースもあります。
原状回復は、決して入居時と同一の状況に戻すことではありません。
建物は経年劣化しますから、人が住む住まないに関わらず、年月とともに古びていきます。
人が住んでいたほうが、劣化スピードは遅いくらいです。
入居後に経過した年月によっても入居者側が負担すべき費用は異なってきます。
フローリングの交換にしても、一部に傷がついた場合はその部分だけの交換費用を負担すればいいことになっています。
一部だけの交換では全体としてのまとまりに欠けるということはあるでしょうが、国のガイドラインでは、全面交換は必要ないとなっています。壁紙もそうです。
名古屋市守山区の株式会社モドリーノは、原状回復工事も多数おこなっております。
工事が必要な場合は、株式会社モドリーノのホームページをご覧いただき、ぜひご利用をご検討ください。