いい原状回復工事業者の選び方

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

いい原状回復工事業者の選び方

記事 いい原状回復工事業者の選び方のアイキャッチ画像

マンションやオフィス、デパートや飲食店など原状回復が求められる場所はあちこちにあります。

それと同様に、原状回復工事を行う業者もたくさん存在します。ではどのように良い業者を選択すればいいのでしょうか。

今回は、後悔しない原状回復業者の選び方と注意点を4つ紹介したいと思います。

~ 原状回復工事業者の選び方~

1. 内装解体の実績をみる

内装解体は建物の更地解体とは異なり、壊す部分と壊さない部分をしっかりと把握し、丁寧な作業をする必要があります。

そのためにはお客さんとの入念な話し合いが必要となり、電話や直接のコンタクトが多くなることでしょう。

つまり、内装解体工事の実績があり評判がいい業者は、お客さんに親身に寄り添いながら作業を進めてくれる原状回復業者といえるのです。

2. 近隣への配慮がある

建物を建てるときはもちろん、解体工事や原状回復工事時も騒音や振動といった問題が発生してしまいます。

しかし、オフィスや飲食店など、原状回復工事を要する建物の多くは繁華街に建立されているため、そういった問題は近隣テナントへも悪影響を及ぼしてしまうのです。

着工前挨拶や近隣対応まで行ってくれる業者は評判もよく、プロとしての意識が高い傾向があります。

施工前に、近隣トラブルが起きたときの対処法の確認などを業者としておくといいでしょう。

3. 建設業許可・廃棄物収集運搬の許可を受けている

原状回復工事や解体工事を行う場合、各都道府県で登録を受けている必要があります。

さらに、工事現場で発生する廃棄物を運搬するには、収集運搬の許可も持っていなければなりません。

地域に根付いた業者はこれらの許可を必ずもっているので、信用ができるでしょう。

もし、これらの許可なしに廃棄物を不法投棄されると、あなたも法的に罰される可能性があるので注意してください。

4. 見積書が明解

見積書は工事にかかる費用を知るために大切なものです。表記があいまいだったり、おろそかだったりする見積書は、もしかしたら過剰請求や不正がある可能性さえあります。

詳細が記載されており、わからないところは丁寧に説明してくれる業者は信頼できる質の良い業者といえるでしょう。

~まとめ~

建物の建設にプロがいるように、建物の原状回復や解体にもプロがいます。

管理会社や不動産にこれらの工事を依頼すると、仲介手数料などをとられ、予想以上の金額を請求されてしまいます。

原状回復の業者の選び方を知った今、ダイレクトにコンタクトをとって、後悔しない工事を行いましょう。

株式会社モドリーノは愛知県を中心に原状回復工事を行っています。

お見積りは無料ですので、質問やお問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。