ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復でなぜ壁紙を取り換える必要があるの?

記事 原状回復でなぜ壁紙を取り換える必要があるの?のアイキャッチ画像

現在ご入居中の貸オフィスや貸店舗、貸住居から退去される際、契約の内容に応じて原状回復をすることがあります。
その際に施工対象となりやすい箇所の一つが壁紙です。
経年劣化による損傷は貸主の負担となることが一般的ですが、借主の行動に伴う汚れやキズに関しては借主の負担となることがあります。
今回は原状回復において壁紙を取り替える必要がある理由をご紹介します。

 

□タバコ
タバコを室内で吸うことで壁にニオイ、黄ばみが発生しやすくなります。
貸主にとって次の入居者にタバコのニオイのある部屋を受け渡すわけにはいきません。
そこで壁紙の取り替え負担を貸主側に求める場合があります。
入居時の契約によって喫煙による壁紙の汚れに対する処理方法が定められていることがあり、その契約をしっかりと確認しておくことが必要です。

 

□カビやシミ
借主は部屋を定期的に掃除して状態を保つ善管注意義務を課されています。
日頃の手入れをおこたり部屋の壁に目立ったカビやシミができてしまっている場合、壁紙交換が必要になります。
特に水回りの湿気が発生しやすい壁、冬に結露がつきやすい壁、キッチン周りの汚れが飛びやすい壁などを放置してしまうことで発生するカビやシミは、借主側の責任とみなされてしまうことがあります。

 

□落書きやキズ
子供が住まれている、ペットを飼われているなどのご家庭では落書きや引っかきキズが残ってしまう恐れがあります。
退去前にご自身で掃除をしてなるべく汚れやキズを減らすことで壁紙交換の費用を抑えることができるかもしれません。
ある程度不可抗力な部分がありますが、誠意のある対応が求められます。

 

□まとめ
以上、今回は原状回復において壁紙を取り換える必要がある理由についてご紹介しました。
壁紙の減価償却は6年と言われており、6年以上入居していた場合は、

以上のような理由で壁紙交換の費用を請求されることが少なくなります。
その上で余分の負担を強いられることを避けるため、この記事を参考に対策をしてみてはいかがでしょうか。

敷金が返ってくるには?原状回復の観点から説明!

記事 敷金が返ってくるには?原状回復の観点から説明!のアイキャッチ画像

「借りているオフィスなのにオフィスを返しても敷金が返ってこないって本当?」
「どうすれば敷金が返ってくるの?」

オフィスや飲食店を撤退させる時、多くのお金が動きます。

原状回復するにはお金がかかりますし、敷金が返還されることもあるでしょう。

実はこの2つのお金の動きは密接に関係しているのです。

原状回復をビルのオーナーに任せると、高く見積もられる上に敷金が返ってこないこともあるようです。

無駄な出費は抑えたいですよね。どうすれば無駄な出費をなくせるのでしょうか?

■敷金とは

敷金とはいわゆる保証金です。何らかの理由により家賃を払えなくなったときでも契約当初に敷金を払っていれば安心です。

事業用の物件を借りる場合には敷金ではなく保証金と言います。事業用物件の場合、賃料の半年から1年分くらいの保証金を払うことが一般的です。

例えば保証金が賃料の半年分のオフィスを借りていたとします。すると何らかの理由によって1ヶ月家賃が払えなかった場合でも、その分は敷金から補填されます。
このようにして保証金は使われているのです。

しかし、先ほどの例の場合、まだ5ヶ月分の賃料が残っているはずですよね。

残っていても返してもらえないことがあるのは何故なのでしょうか。
実は原状回復義務による修理負担分も、保証金から賄われる場合があります。

そして原状回復の見積もりを高額に行ったために保証金がなくなった、保証金は返せない、と言われてしまうのです。

■どうすればいいの?

では、どうすれば確実に保証金を返してもらえるのでしょうか?
「自分で専門業者に直接原状回復を依頼する」、これに尽きます。

借主が依頼をする原状回復工事業者は指定されている場合が多く、価格競争の原理が働かず、高額になりがちだと言えます。

借主もそのような事実を知っていれば他の業者に見積もりを出してもらうのでしょうが、あいにく知らない場合も多いのです。

 

今回は保証金を返還してもらう方法について紹介しました。
弊社なら内装解体工事一筋!年間300件の施工実績!
ですので、安心してお任せいただけます。

ご連絡、お待ちしております。

原状回復前に確認しておくべきこととは?

記事 原状回復前に確認しておくべきこととは?のアイキャッチ画像

退去する時に不動産屋の担当者と部屋の中を確認して原状回復費用がどれだけかかるのかを確認することになります。

トラブルとして多いのが事前に予想していた金額よりも高額になったり、全く知らない原因を理由として費用を請求されることです。

原状回復前にどのような点を確認しておけば良いのかいくつか検討してみましょう。

1、原状回復の範囲確認をしておく
2、建物の構造や配管の把握をする
3、計画性を持って入居時の写真をとっておく
4、立ち会った時には指摘されたポイントは写真に収めておく

それぞれを具体的に考えていきます。

1、契約をした際に渡された書類の中に現状回復の範囲が記載されています。

事前に書類を見返しておき範囲を確認しておく必要があります。

担当者が万が一誤った内容を指摘している場合には内容を正してもらわなければ不利な条件を突きつけられることがあります。

2、借主の故意過失による損傷なのか、建物由来の損傷なのかは構造や配管を把握しておかなければなりません。

把握しておけば居住中に問題が発生しても自分で修理が可能な軽微な範囲であれば材料費だけで修理が可能になります。

安く抑えることができます。

3、入居時に部屋全体の写真、設備の写真、結露等で損傷する可能性がある部分の写真、テレビを置く予定の壁紙部分の写真など複数箇所で撮影をして、部屋全体を把握できるようにしておきます。

入居時の状況を説明するには写真や映像で目に見える状態にしておくことで説明がしやすくなります。

4、退去する時に指摘されたポイントや箇所は写真に収めておき、後から見返しができるようにしておきます。

原状回復費用として請求をされたものが契約書に記載されている内容と一致しているのかを確認するのに役に立ちます。

写真に残しておけば誤った請求であることを証明しやすくなります。

Page 1 of 11