ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復を安く済ませるコツ(飲食店編)

記事 原状回復を安く済ませるコツ(飲食店編)のアイキャッチ画像

「新しい店舗を構えて新しいスタート!」

貸店舗やオフィスを借りた時、希望で胸がいっぱいですよね。
ですが、いつかは移転する日がくるかもしれません。

きっとそのころには、たくさんの思い出が詰まっていることでしょう。
オフィスや店舗を使用しているなかでの汚れや損傷は、退去の時には元に戻さなければいけません。これを、「原状回復」と呼びます。

少しでも安く済ませるために、入居した時点から気を付けることのできるポイントを、特に飲食店に絞ってご紹介します。

■賃貸住宅の原状回復との違い
個人での賃貸住宅では、自然劣化による修復費用は借主が負担しなくてもいいのですが、事業用となると話は違うのです。
「借主は、借用物を原状に復して、これに附属させた物を収去することが出来る」と民法により定められており、これに従って原状回復工事をします。

このことをもとに、原状回復工事が少しでも安くするために気を付けられることをご紹介します。

■椅子や机によるへこみ
設備の都合上、ある程度は仕方がないことかもしれません。
ですが、椅子や机の脚にカバーをつけておくことで防ぐことはできます。

■タバコのヤニによる変色
居酒屋やスナックでは、タバコを吸われるお客様が多くおられます。
知らないうちにヤニがこびりついていて、少し雑巾でこするだけで色がついてしまう、ということもありがちです。
こまめな掃除、換気を心がけましょう。
また、重曹やオレンジオイル配合の洗剤など、ヤニを落とすのに効果的な成分も多くあります。

■キッチンの汚れ
飲食店で一番手ごわく、汚れがちなのがキッチンですよね。
こまめに洗剤で洗い、さび付かないように換気をしておくのが重要です。

■壁にあけてしまった穴
ポスターやメニューを貼るための画鋲には注意しましょう。
シール式のものを使うのがおすすめです。

■まとめ
「入居してこれからというときに、退去のことなんて考えたくない!」
そうお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、店舗を綺麗に使用することができれば、掃除の手間も省けますし、
お客様により良いイメージを与えることができる上に、
遠い将来に移転する際、気持ちよく退去手続きができると思います。

原状回復の範囲はここまですると安心!

記事 原状回復の範囲はここまですると安心!のアイキャッチ画像

「オフィスの原状回復工事をしないと!」
「でも、どこまですればいいの?」

原状回復工事なんて、人生に何度も経験することではありませんし、周りに経験がある方も少ないですよね。

なかなか情報が集まらず、お困りなのではないでしょうか?

オフィスの移転や撤去の際には、原状回復工事が必要になります。

しかし、どの範囲まで原状回復しなければいけないのか、曖昧なままで工事は始められません。
今回は、原状回復しなければならない範囲について紹介します。

■どこまで原状回復すべき?

原状回復とは、契約した当時の原状に回復させることを指します。

契約した当時にオフィスがどのような形だったかはそれぞれ異なることでしょう。

そのため、一概に「ここまで原状回復を行いましょう!」とは言い切れません。

契約して入居したその当時と同じ壁紙を使っているでしょうか?

天井は?増やした家具は?

例えば契約当時にオフィスがスケルトン状態、つまり内装や設備が何もない状態なら、スケルトン状態にして返還する義務があります。

■原状回復しなくていい場合もある

しかし、原状回復工事を契約当時の状態にまで行わなくて良い場合もあります。

例えば、オフィスとして使っている時に光があまり入ってこず、暗い場所があった場合、照明機器を増設することもあるでしょう。

その場合、増設した設備である照明機器を残しておいた方が次にその部屋を使う方にとっては、新しいものを買わなくて済むので、メリットがありますよね。

そのような場合、その照明機器は置いておいても構わない、つまりその部分は原状回復しなくても良いということになる可能性もあります。
「契約当時はスケルトだったけど、それならにしない方が次に使う人がすぐにオフィスとして使えるし、良いんじゃないの?」と思われるかもしれません。

しかし、ゼロから自由に造作工事を行えない、店舗のデザインイメージを統一できない、最新で高機能の設備を導入しにくい、という理由から敬遠されることもあるのです。
契約の相手方に確認をとりましょう。

 

今回はオフィスの原状回復工事をしなければならない範囲について紹介しました。

範囲が決まればいよいよ工事です。

原状回復工事は内装解体一筋の弊社にお任せください!

プチ解体もお受けしています。

記事 プチ解体もお受けしています。のアイキャッチ画像

「このいらなくなった物置どうしよう。」
「家の中の樹木が邪魔だから撤去してほしい。」
こういった住宅での悩みはありませんか?

これら物置や樹木の撤去などのプチ解体をしてほしいけど、

どの会社が行なっているのかわからないという人も意外に多いかもしれません。

我が社では物置や樹木といった家周りのプチ解体も行なっています。

今回は、我が社が行なっているサービスの中の、家周りのプチ解体の内容を書いていきます。

 

【プチ解体の具体的な内容】

プチ解体といっても具体的にどんなものを解体してもらえるのでしょうか?
プチ解体という名の通り、物置一つでも解体します。

他にも、古くなったカーポートや外構(外構とは、生活する建物の外にある構造物全体をさします)、錆びてしまったフェンス、邪魔なところに生えている樹木、また門や扉なども解体してもらえます。

「庭の木がなければ家の中から綺麗な景色が観られるから、観てみたい」といった悩みや願望が気軽に実現する機会なのではないでしょうか。
また古びたカーポートや使わなくなった倉庫は、そのままにしておくと大変危険です。

例えば台風が来た時には、これらカーポートや倉庫に被害が加わるだけではなく、破損した部分が近隣の建物や通りかかった人に当たる可能性が高いです。

「被害が起きてから」では取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。「被害が起きる前に」行動をしなければいけません。

プチ解体であった場合、最短であれば現地調査をしたその場で撤去してもらえるそうなので後回しにせずにすぐに行動すると良いことが起こりそうですね。

 

以上のように、長く住んでいる一軒家ほど状況の変化によりいらない倉庫や、

長い時間新しくしていない古びたカーポートがあると思います。
家周りのプチ解体を、責任を持って迅速に対応してもらえる業者があるので、

これを機に解体作業を依頼してみてはいかがでしょうか?

我が社では、プチ解体も得意としております。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください!!!

Page 1 of 11