ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

テナントを賃貸している方必見!住宅とオフィス・店舗の原状回復の違いって?

記事 テナントを賃貸している方必見!住宅とオフィス・店舗の原状回復の違いって?のアイキャッチ画像

「原状回復ってなんのこと?」
「みんなやらないといけないの?」
原状回復は時々耳にしますが、詳しくはよくわからないという方はいらっしゃると思います。

周りに聞こうにも、詳しく知っている人がいない場合がほとんどだと思います。
今回は、そのように聞きたくても聞けない方のために原状回復のご説明をしたいと思います。

◆賃貸不動産の原状回復

賃貸不動産の原状回復とは、借りている人は賃貸借契約が終了する際に賃貸者に当然明け渡さなければなりません。

しかし、ただ賃貸者に明け渡せばいいのではなく、明け渡す際は借りた時と同じ状態にする必要があります。
具体的には壁紙の剥がれや畳の劣化、油汚れまでです。自分でできないものに関しては業者に頼む必要があります。

◆オフィス・店舗の原状回復

住宅用賃貸の場合は、消費者契約法により経年劣化による通常損傷は原状回復の義務がないとなっています。

それに対し、事業用賃貸の場合は消費者契約法が適用されず、原状回復の義務があり、賃借時の状態にまで原状回復する必要があります。
その理由として、原状回復にかかる費用が高いため賃貸者が負担しきれないという点が大きいです。

もう少し詳しく言うと、事業用の場合そこで何をしていたかによって原状回復にかかる費用が大きく変わってくるからです。

また、住宅用の場合は賃料に上乗せすることで賄っていますが、業務用の原状回復費用は高すぎる可能性があるため、賃料に上乗せすると賃料の設定が現実的で無くなってしまうためです。

◆まとめ

原状回復とは賃貸の物件を返すときに借りた時の状態に戻すことです。

しかし、その用途によって原状回復があまり必要ないこともあるため、借りるときにきちんと確認しておくことが必要です。
オフィスや店舗の場合は、原状回復する必要があります。

我が社では、オフィスや店舗の原状回復を専門に行っております。

安全・安心価格となっておりますので、オフィス・店舗での原状回復をお考えの方は、

ぜひ一度我が社にお問い合わせください!

 

地下街アパレルショップの施工事例はこちら↓↓↓

 地下街 アパレルショップ

多肉植物の名前判明!

記事 多肉植物の名前判明!のアイキャッチ画像

モドリーノ事務員②です。

 

以前紹介した、我が社の多肉植物。

 

種類がわからなかったので、育て方も適当にしておりました(笑)

 

が!!!

 

最近、名前がやっとで判明しました!

 

『月兎耳(つきとじ)』

 

と言うらしいです。

 

なんてかわいらしい名前✨

 

これからは大事に育てられそうです。

 

我が社にさらなる癒しを与えてくれますように☆

 

 

 

 

 

賃貸解約時に行う原状回復のガイドライン、知ってますか?

記事 賃貸解約時に行う原状回復のガイドライン、知ってますか?のアイキャッチ画像

原状回復は、借主と貸主の間で問題になりやすい契約項目の一つです。

その原状回復について規則を取りまとめた
「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
というものを国土交通省が発行しています。

そこで今回はそのガイドラインについての概要をご紹介していきます。
この記事は、賃貸の部屋を退去される方のみならず、これから入居を考えている人にもぜひご参考いただきたいものです。

 

□ガイドラインの概要
そもそもこのような原状回復についてのガイドラインが発表されたことについては、原状回復のルールの曖昧さが問題となっていたことが背景としてあげられます。
ただしこのガイドラインはあくまで契約の指標であって、最終的には貸主と借主の間で結ばれる賃貸契約が重要視されます。
国土交通省はトラブルを未然に防ぐため、原状回復という問題を退去時のものとして捉えるのではなく入居の契約時に貸主と借主の双方が共通の理解を持つべき問題として捉えるように呼びかけています。

 

□ガイドラインの主な内容
原状回復の定義として、借主が入居した当時の状態に戻すのではなく、あくまで通常の使用における劣化を大きく上回る過度の損傷について借主がその復旧の責任を負うものとしています。
具体的に2つの基準から復旧の義務が発生する場合をケース分けしています。

1つ目は、明らかに通常の使用では発生せず、借主の使い方によって生じた問題が見られる場合です。

2つ目は、基本的には経年劣化による損傷や消耗であるが、借主の手入れや管理が不足しており、その損傷や消耗をさらに悪化、加速させた場合です。
これらが当てはまる場合に貸主は借主に対して工期の負担を求めることができます。

 

以上、今回は国土交通省が発行している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について、
その概要と内容を紹介しました。
今一度ガイドラインを見直す際にこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

テナントの原状回復の施工事例はこちら↓↓↓

ショッピングモール テナント 原状回復工事・什器、家具類撤去処分

 

Page 1 of 11