ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復と遺品整理を依頼する業者を選ぶポイント

最近では故人の所有物を家族に代わって処分する遺品整理業者の需要が増えています。
弊社は建物の解体から原状回復まで様々な工事を承っております。
故人が遺した不動産のことでお困りでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。
原状回復と遺品整理を業者に依頼する場合にはいくつかのポイントがあります。
個人で遺品の整理をするのが難しい場合は業者に依頼すると効率的です。
遺品整理とは故人が遺した品物全般を処分することを指します。
生活雑貨や衣類の他にも貴金属や家電、預金通帳や印鑑など様々なものが遺品に含まれます。
家族や親戚同士で話し合って形見分けをするのが一般的ですが、最終的には処分して部屋を綺麗に片付けることになります。
故人が家族と同居していた場合は、時間をかけて整理することができます。
しかしアパートやマンションなどで1人暮らしをしていた場合は、なるべく早くに対処しなければなりません。
アパートやマンションで故人が亡くなられた場合には、早急に遺品を整理して原状回復する必要があります。
故人が溜めたゴミによる異臭や床などの汚れによってトラブルとなるケースも見られます。
クリーニングを含めて全ての遺品を片付けなければなりません。
遺品の整理を行うには、まず必要なものと処分するものを明確に区分します。
故人の遺品は相続財産なので勝手に捨てるとトラブルになる可能性があります。
有価証券や不動産も遺品に含まれます。
価値のある財産をリスト化するにも時間が必要です。
さらに大型家電や家具などを処分するには体力も求められます。
遺品を処分する場合には各地方自治体の決まりに従って分別します。
サイズの大きい遺品は粗大ごみとして捨てることになるので、処分に費用がかかる場合もあります。
さらに仏壇は魂抜き法要を行うのが一般的なしきたりです。
賃貸物件で遺品整理を行う場合は、新たな家賃が発生する前に素早く行わなければなりません。
遺品整理業者を選ぶ場合には専門の資格を持つスタッフがいるかどうかが大きなポイントです。
また過去の実績や料金、サービス内容なども比較検討して選ぶ必要があります。

原状回復や遺品整理においてよくあるトラブルって?

マンションやアパートなどを退去する際には原状回復の範囲や負担を巡ってトラブルになることがあります。
賃貸人は基本的に自ら遺品整理を行うことができません。
マンションなどに一人暮らしをしていた人が亡くなった場合は、まず保証人が原状回復や遺品整理を行います。
保証人に能力がない場合は遺族が行うことになります。
故人が親族と同居していた場合は、同居人がすぐに対応することができます。
しかし故人が一人暮らしをしていた場合は、素早く対応できないのが通常です。
部屋が荒れていたり臭いや跡などが残っていることがあります。
一人暮らしの人が亡くなられた場合に遺体の搬出は警察が行います。
一方で残った遺品の整理や原状回復は保証人や遺族が行うことになります。
マンションやアパートなどの退去を巡って、実際に様々なトラブルが発生しています。
特に多いトラブルは賃借人が過剰な原状回復費用を請求されるケースです。
高額な費用を請求されたり敷金を返してもらえないなどの問題が起きています。
また過剰に支払った原状回復のための費用を返してもらえない場合や、口頭で説明を受けた費用と後日届いた明細の内容がことなるなどのトラブルも見られます。
賃借人がトラブルを抱える場合だけでなく、賃貸人が様々な悩みを抱えることもあります。
例えばペット不可の物件でルールに違反してペットを飼育していたので、原状に回復するための費用を請求したいとうケースなどが見られます。
また喫煙者が入居したため壁紙を新しくするのに高額な費用がかかったり、経年劣化を理由に敷金返還を求められるケースも存在します。
通常損耗と経年変化が劣化の原因である場合は賃貸人が原状に回復するための費用を負担します。一方で賃借人が故意や過失で部屋を汚した場合は、退去時に修繕費用を支払う必要があります。どこまでが通常損耗や経年変化による劣化なのかをしっかり確認しなければなりません。
家具を設置したために畳やカーペットがへこんだ場合は通常の損耗です。
冷蔵庫やテレビなど家電製品による電気焼けで壁が黒ずんだ場合も通常損耗とされます。

原状回復と遺品整理と特殊清掃、それぞれの意味について

皆さんは賃貸物件を借りてから何らかの理由で契約が終了すれば、借りている者の責任として借りた当時の状態に回復させることが必要になります。
しかし通常の居住用の物件ではない場合には、どの程度の状態にまで回復させるのか原状回復の問題に直面することになります。
また不幸にも入居している途中で亡くなってしまった場合には、イレギュラーな事態に適応した方法で貸主に返還する必要があります。
得てして混合しやすい、原状回復と遺品整理・特殊清掃の意味合いを確認しておきましょう。
現状回復とは、店舗や事務所などのテナント物件の賃貸借契約が終了したときに、当初の契約の内容に従って所定の条件まで回復させることを言います。
例えば什器や設備などはすべて取り去って、屋内には何もない状態にする「スケルトン」状態にまでする必要がある場合もあれば、使用用途が限定されているため什器類などの撤去にとどまり照明や器具などの基本設備はそのままにする場合もあります。
いずれにせよどこまで回復するのかは契約書で確認する必要があり、業者も貸主お抱えの指定を受けることが多いのが特徴です。
これに引き換え、通常の居住物件で借主が志望していた場合に問題になるのが、遺品整理や特殊清掃です。いずれも貸主が契約途中で死亡するという局面で問題になるのは共通していますが、死亡場所によって明確に選別されるのが大きな違いです。
入院途中で病院で死亡したような事例では、賃貸物件に残された遺品をいかに整理するべきかが問題になります。
そこで遺品整理とは故人にゆかりのある遺品などの分別や遺族への返還するべき物品の餞別などを行い、遺品供養なども行うと言うのがその内容になっています。
これに対して賃貸物件などの屋内で死亡していた場合は、悪臭や腐敗臭に害虫駆除や病原菌などの問題に対処することが必須になります。
つまり特殊清掃とは死体発見現場などの物件の、強力に消臭したり消毒作業や害虫駆除をおこなうことで何とか居住性能を回復させることを主な業務にしている専門家と言えます。

Page 1 of 11