ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

原状回復でよくあるトラブル

記事 原状回復でよくあるトラブルのアイキャッチ画像

賃貸契約で家を借りている人も多いと思います。

仮に退去することになった場合、一番気になるのは原状回復ではないでしょうか。

入居する前に敷金という形で原状回復費用を支払っていますが、

それ以上に原状回復にお金がかかり、費用を余計に支払った経験のある方も多いと思います。

今回は、賃借者と賃貸者が負担しなければならない例をご紹介します。

 

賃借者の負担例
◇使用していたことによるキッチンの油や、すすといった汚れ
◇壁の釘穴
◇喫煙による壁の変色やにおい

賃貸者の負担例
◇震災による破損、ひび割れ
◇日照によるフローリングの変色
◇納戸の張替え

特に注意したいのは喫煙による負担費用です。

喫煙が原因の壁の変色や臭いに対しては壁全体を張り替えなければならないため、

莫大な費用がかかります。

故意ではなく長年使用していることでつくキズや汚れは建物の経年劣化として考慮され、

賃料の中にその修繕費が含まれているため、新たに支払う必要はありません。

 

いかがでしたか?

貸借の知識を少しでもつけて、貸主とのトラブルを回避していきましょう。

原状回復についての基礎知識!

記事 原状回復についての基礎知識!のアイキャッチ画像

「原状回復って言葉は聞いたことあるし、意味もぼんやりとは予測できるけど、実際にどういうものか説明してよ!って言われたら言葉につまっちゃうなぁ…」
ほとんどの人は、原状回復という言葉を聞いた時、目にした時、

上記のような印象を抱くのではないでしょうか。

しかし、原状回復は、一人暮らしを始めた方、

オフィスを借りて仕事をしてきたが事業も大きくなってきたのでさらに大きなところへ引っ越そう、と考えている経営者の方等々

生きていく中で通る可能性の高いものです。

今回は、原状回復について知っておきたい基礎知識をご紹介します。

 

■原状回復とは…

原状回復とは、もとの状態に戻す、ということです。そして原状回復という言葉がよく使われるのは賃貸借に関するものです。
というのも、賃貸借契約には、賃借人は原状回復義務を負うとの条項が含まれているためです。

鍵の交換、たたみの交換などなど、原状回復においてすべきことは数多くありますが、その費用の多くは入居時に支払っている敷金から充当されることが一般的です。
もっとも、その原状回復の費用の範囲によっては、賃借人と賃貸人との間で争いになることがあります。

 

■原状回復の範囲って…?

「その部屋で生活していく以上、部屋を完全に元の状態に戻すことは難しくないですか?完全に戻す分の費用も負担しなきゃいけないの?」
こんな風に考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、裁判所やガイドラインはその点については合理的な判断をしています。

まず、通常使用していく中で劣化していく分の費用は賃料で支払っている。
そのため、原状回復で回復させるべきなのは、賃借人の故意または過失で劣化させてしまった分である、とするものです。
例えば、うっかり飲み物をこぼしてしまったために発生したシミ、冷蔵庫の下のサビなどです。

 

■まとめ

今回は、原状回復について最低限知っておきたい基礎的な知識についてご紹介致しました。参考にしてみてはいかがでしょうか。

あなたのDIYリフォーム、原状回復時は大丈夫?

このところ、DIYでリフォームする方が増えているように感じます。
しかし、借家でプチリフォームをする際には注意しなければならないことがあります。

 

退去時には、契約した時の状態に戻す、いわゆる【原状回復】が必要ということです。

 

DIYでリフォームすることによって、この原状回復ができない状態になってしまったら大変です。

しかし、今の内装には飽きたからDIYでプチリフォームしたい!とお考えの方もいらっしゃいますよね。

そこで、原状回復ができる状態を維持しながらDIYしていただくために、注意点をいくつか挙げてみます。

 

*釘を打ったり穴を開けたりはNG*
これは皆さんご承知のことと思います。
釘を打ったりして穴を開けると、借りたときの状態を崩すことになるため、原状回復をしなければなりません。
「穴をふさぐシール」「穴をふさぐクレヨン」などの商品も売ってはいますが、
原状回復の観点からすると、それらでは穴をふさげているという認識にはなりません。

 

*マスキングテープは難しい*
「退去するときに困らないDIYリフォーム!」と銘打って紹介されるものは、
①マスキングテープを貼る
②その上に粘着力の強い両面テープを貼る
③そこに自分好みの素材を重ねる
という3ステップが多いように見受けられます。
この3ステップだけを見ると、剥がしたら元どおりになるから原状回復も大丈夫!とも思われると思います。
しかし、案外単純ではないのです。
なぜなら、弱い粘着力のマスキングテープであっても、長時間貼っておくと紫外線でのりが分解されてしまうことがあるからです。
分解されたことで残ったベタつきは、「原状回復の大敵」といっても過言ではないくらい、取れにくくてとても厄介です。

 

*ベランダのリフォームに潜む危険*
殺風景であることが多いため、リフォーム対象になりやすいベランダ。
しかし、ベランダを統一感を持ってリフォームしようと思うと、思ったよりも大規模なDIYとなり、
避難はしごをふさぐなどして、避難経路を断ってしまうことがあります。
こうしたリフォームは危険ですし、解体が難しい場合は、次の入居者にとっても危険になります。

 

自分でできるDIYは非常に楽しいものです。
しかし、あくまでも借家は借家。
「退去の日がある」ということを念頭に置きながら、DIYされることをおすすめします。

Page 1 of 11