ブログ|名古屋で解体業者をお探しなら内装解体・原状回復が得意のモドリーノへお任せ下さい!

よくあるご質問

WEBLOG

WEBLOG

害虫の繁殖する期間って?原状回復業者が教えます!

記事 害虫の繁殖する期間って?原状回復業者が教えます!のアイキャッチ画像

店舗や事務所などの退去の際には、原状回復の義務を最後に負うことになります。
この時に案外問題になるのが害虫対策になります。
賃貸物件からの退去と害虫というのは一見無関係のようですが、実は深刻な問題に発展する可能性を秘めているのです。
そこで今回はテナントなどの退去と害虫繁殖などの問題について検討して参りましょう。

飲食店などのためにテナントを利用していたときはもちろん、
普通のオフィスとして利用する場合でも、休憩室などの目的で飲食する可能性のある設備を利用するのは良くあることです。
オフィスでは複数の人間が出入するのが一般的なことから、
ゴキブリなどが侵入し繁殖してくる機会は想定以上に多く存在しています。

そこで入居期間中は特にゴキブリなどを見かけたことはなかった場合でも、
内装解体などの過程で生息していることが発覚することが珍しくありありません。
これが飲食業を営んでいるテナントであれば、たとえ定期的な駆除などに取り組んでいたとしても、
調理設備の取り外しの段階で、薬剤などが行き届きにくい場所で群れをなして生存しているといった事態に直面することになります。
こういった状況にも適切に対応し、近隣への迷惑をかけることなく原状回復工事を行うためには、
害虫駆除までも対応してくれる業者であれば安心して依頼することが出来ます。

またゴキブリやネズミなどは空き家を好き好んで生息する傾向があるので、
退去するまでに間をおかずにスピーディーに対応することもポイントになります。
それというのも利用しないまま放置された空き家状況では、人間などの天敵がいないので、
繁殖を妨げる要素が存在していないことが指摘されています。
そして本来は水回りの配水管などには一定量の水分が存在しているので、
外部からの浸入を予防する防壁として作用しています。
ところが放置されると水道管内部まで干上がってしまうので、
侵入を遮るものがなくなるのでゴキブリでも侵入し放題になってしまうわけです。

みなさんも参考になさってください。

原状回復費の会計区分はどこになるの??

記事 原状回復費の会計区分はどこになるの??のアイキャッチ画像

「オフィスを移転させることになった!」
「原状回復工事費って、どこに区分されるの?」

会社を経営する上で欠かせないお金の問題。

オフィスを移転させたり、撤退させたり、飲食店を撤退させる場合、

原状回復工事が必要な場合が多々あります。

そのために必要な原状回復工事費は、会計上ではどこに区分されるべきなのでしょうか?

今回は、会計区分についてご説明します。

 

まず、どこに区分されるのかな、と考えた時に出てくるのが販管費ではないでしょうか。

販管費とは、正式には一般管理費及び販売費と言い、

会社の業務に必要なお金や販売するために必要なお金のことを指します。

具体的に言えば、社員の給与、福利厚生費、会社全体の通信費や、販売手数料、広告費などです。

原状回復工事費は会社を運営していくために必要だとも言えそうですが、ここは保留にしましょう。

 

次に考えられるのが、特別損失として区分することではないでしょうか。

特別損失とは会社が通常通りの動きをしているだけでは必要のなかった損失のことを指します。

特別損失に区分するかどうかの判断基準は曖昧なため、1つ1つの事例ごとに検討していく必要があるでしょう。

例えば、

・自然災害や火事、盗難などによって起こった損失

・会社が長い間持っている株式や証券の売却による損失

が挙げられます。

確かに、オフィスの移転は何度も起こる事例ではありませんし、特別損失に区分するのはいいかもしれません。

 

最後に考えたいのが、施設費の修繕費として区分することです。

修繕費は前提として「資産の原状回復のための費用」だと考えられています。

例えば、会社で使っているパソコンが壊れた時の修理費、古くなったオフィスの壁のリフォーム費などが挙げられます。

原状回復のために工事をするのが原状回復工事ですから、ぴったりのような気がします。

しかし、例に挙げたものが「これからも使うことも前提にしている」ことから、保留にしてもいい気がします。

結果、原状回復工事は、費用が小さければ修繕費、費用が比較的大きければ特別損失に区分すべきでしょう。

大きい金額の場合、当期にだけやむを得ず発生した損失だったことを会計上でも伝える必要があるからです。

 

思った以上にお金がかかることも多い原状回復工事ですが、我が社に任せれば安心です。

我が社は内装解体一筋です。

きっと仕上がりにもご満足いただけることでしょう。

お見積りは無料ですので、原状回復工事の際は、ぜひ我が社までご相談ください!

 

シッピングセンターテナント・原状回復工事の施工事例はこちら↓↓↓

ショッピングセンター テナント 原状回復工事

賃貸物件に取り付けるときの注意点~トイレのウォシュレット編~

記事 賃貸物件に取り付けるときの注意点~トイレのウォシュレット編~のアイキャッチ画像

入居の手軽さが魅力的な賃貸物件ですが、必須の設備としてトイレがあります。

誰もが使う設備ではあるものの、より快適な設備に仕上がっていれば使い心地が良くなるでしょう。

トイレを便利に快適に使えるための、ウォシュレットという機器が存在します。

電化製品の一種で、汚れを除去するのに役立つシャワーが付いていたり、
ヒーターによって温かい便座に座ることができる優れた機能を持ちます。

賃貸物件にウォシュレットを付けることも可能ですが、事前に管理会社や大家さんの許可が必要です。

勝手に取り付けてしまうと、何か問題が発生した時や退去時にトラブルになる心配があります。
たとえウォシュレット程度の設備であっても、事前に確認をしておいてください。

器用な人なら自分で取り付けることもできるでしょうが、設備を壊してしまうリスクを考慮すると、
取り付けをしてくれる会社に依頼したほうが無難です。

その際には元の設備を捨てないように、作業員に伝えるようにしましょう。

自分で取り付ける場合も同じです。

元の設備を捨てないようにする理由ですが、原状回復で必須だからです。

賃貸物件から退去する際、基本的に原状回復が必要となります。

原状回復とは入居時の状態に戻すことをいいます。

ウォシュレットが元々付いていない物件を選んだなら、
ウォシュレットを取り外して最初の状態に戻すのが原則ですので、
忘れないようにしてください。

入居者自身がお金を負担して、ウォシュレットのような便利な設備を取り付けたまま明け渡せば、
管理会社や大家さんが喜ぶだろうと考えるのはやめましょう。

多くの人にとって便利な設備でも、相手には相手の都合がありますから、勝手な判断をするのはよくありません。
余計なことをすると原状回復のための費用を請求される恐れすらあることを、覚えておきましょう。

Page 1 of 11